無料ブログはココログ

国際結婚

2017年5月22日 (月)

国際結婚手続き

二人の結婚の意志が固まり、結婚の準備に入りました。

あたしは初めのうちは、あたしが観光ビザで英国に完全に移っちゃって(すべての荷物ごと)、向こうで婚姻して、それから永住への手続きを進めていけばと考えていたのだけど、夫が色々調べて日本でやろうと言ってきたので、なぜか議論することなくそうすることにしました。今思えば、英国で出来なくもなかったのではと思うけど。その方が夫が来日する手間も省けたのではなかろうかと・・・。


という訳で、日本での婚姻準備は以下の通り―2016年1月現在

【妻が用意するもの】
戸籍謄本
婚姻届

【夫が用意するもの】
パスポート
出生証明書日本語訳書を作る。これは自分でやってよい。様式は自由
婚姻要件具備証明書(CNI)
→名称がちょっと変わってた気がするのですが、コピーが今手元に無いため確認が取れません。ごめんなさい。なので、ここではCNIとしておきます。
また、
用紙には各文に対の日本語訳が載っていますが、夫が書いた英文に対する訳文が必要なので、作ってください。様式は自由。


①英国大使館にてCNIを取得
先ず
予約を取ります。そして当日は、入り口の守衛さんから荷物チェックを受け、携帯電話とカメラを預けます。

通路を辿って、(確か部屋のドア横に表札があったような。それか守衛さんが教えてくれたっけかな・・・)該当する部屋へ行きます。
窓口で用件を伝えるとCNIの用紙を渡されるので、表裏記入します。

そして窓口の職員の前でサインします。
うちの夫は緊張してたせいか?窓口へ行く前にサインしてしまい、職員にダメ出しを貰ってました。しかもそれを3回も繰り返して!
(;´▽`A``

20分ほど待ち、担当職員のサインと公印の入ったCNIが渡されました。



②婚姻届け提出
住民票を置く市区町村か本籍のある市区町村の役所へ提出します。あたしたちは本籍地にしました。

【提出したもの】
*婚姻届
記入方法
夫側の記入はカタカナで
夫のミドルネームは氏欄に記入
夫の本籍欄は「英国」または「イギリス」
夫の署名欄の捺印は無くて大丈夫

*夫のパスポート
*夫の出生証明書+訳書
*夫のCNI+訳書
*妻の戸籍謄本

もしも近いうちに必要になるならば、婚姻届受理証明書氏変更証明書を同時に申請するといいかと思います。これらはいつでも交付申請は出来ます。


婚姻届けの受理を以って、妻が筆頭者の戸籍が出来、夫が配偶者として記載されます。


これで婚姻成立です。英国で婚姻手続きの必要はありません。



つづく


国際恋愛・結婚ランキング にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村

その他のカテゴリー